2012年05月05日

【は】

< #面白大辞林 >■ばいりん-がーる【梅林ガール】二ヶ国語を自由に操れる女の子。

< #面白大辞林 >■はしもと-とおる【橋下徹】日本のタレント弁護士。サラ金顧問弁護士で培った「ああ言えばこう言う」論法を駆使して、茶の間の無知に付け込み人気を博し、一部の低能有権者の支持で大阪市長になった。国政に出た場合に「大統領制」を、最も言い出しそうな人物。

< #面白大辞林 >■ぱっくいんじゃーなる【パックインジャーナル】普段民放では大したことも言わないコメンテーターが、ここぞとばかりに「本音」をしゃべるニュース番組。これに危機感を抱いたテレビ朝日が、番組ごと干してしまった。現在は「パックインニュース」としてネット放送されている。

< #面白大辞林 >■はっぽう-しゅ【発泡酒】貧乏人が仕方なく飲む、ビールの代用品。そのまんまじゃん(笑)。

< #面白大辞林 >■ぱなそにずむ【パナソニズム】→ナショナリズムに同じ。

< #面白大辞林 >■はもん-ど-おるがん【ハモンドオルガン】破門された噺家が弾くオルガン。「ハモンド」は「破門」の過去分詞形である。

< #面白大辞林 >■はんせい【反省】ドイツ人にはできて、日本人にはできない行為のひとつ。







































































































posted by たかし at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 【は行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ひ】

< #面白大辞林 >■ひ‐ばく【被曝】[名](スル)放射線にさらされること。「原子力発電所の事故で―する」 広島・長崎・福島と、三度の経験により、日本人は被曝に「強い体質」とされ、年間100ミリシーベルトまでは「安全」である。













































































































posted by たかし at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 【は行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ふ】

< #面白大辞林 >■ふぇいす-ぶっく【フェイスブック】1.ナチスが、人間の顔の皮を使って装丁した本。2.ソーシャル・ネットワーク・サービスの一種。

< #面白大辞林 >■ふくい-けん【福井県】県民の大半が浄土真宗信者の、北陸地方の県。日本一「住みやすい」県としても知られる。「原発銀座」と呼ばれる「商店街」が此処彼処あるため、経済的に潤っている。ただし、将来一転して「阿鼻叫喚」が訪れる可能性が、福島県の次に大きい県でもある。

< #面白大辞林 >■ふくしま-けん【福島県】かつては、第二の面積を誇っていた日本の農業県。2011年3月11日に起こされた東京電力による「放射能犯罪」で、今や「無かったこと」にされつつある県。「東北鉄道沿線駅弁の旅」などの旅番組「秘密のケンミンショー」では、完全に干されている。

< #面白大辞林 >■ふらんじ-がた【フランジ型】1.円筒型から飛び出た部分をもつ形態。2.東電用語のひとつ。「手抜き工事」のこと。「-・タンク」。

< #面白大辞林 >■ぶんか-けい【文化系】1.人文科学や社会科学を専攻している(いた)者。「文系」ともいう。2.理科系になれなかった人の総称。⇔理科系(理系)

< #面白大辞林 >■ぶんらく【文楽】1.人形浄瑠璃芝居の通称。関西が起源であるが、2012年に大阪市において、クラシック・オーケストラとともに「絶滅危惧種文化」に認定された。2.落語会の大看板。「桂―・」こちらはすでに「絶滅」している。










































































































posted by たかし at 13:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 【は行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【へ】

< #面白大辞林 >■べく-れる【ベクれる】[動ラ下一]放射能の単位ベクレル(becquerel, 記号: Bq)から転じた自動詞。1.放射能を発する、または放射性物質を内包している。「野菜が―・る」2.放射能を受ける、または放射性物質を取り込む。「原発作業員が―・る」

< #面白大辞林 >■へんこう-ほうどう【偏向報道】「本当のこと」を報道すること。これを「常習」とするジャーナリズムとしては「しんぶん赤旗」「IWJ」などがある。

< #面白大辞林 >■べんざ【ベンザ】武田薬品工業から発売されている風邪薬のブランド名。1955年の発売開始当時は、まだ我が国で「西洋式トイレ」が普及していなかったため、うっかりこの名前をつけてしまったらしい。現在では完全に開き直っている観あり。











































































































posted by たかし at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【は行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ほ】

< #面白大辞林 >■ほうしゃせい‐うよそ【放射性ウヨ素】 放射線を出す物質の一つ。これの発する放射線を毎時100ミリシーベルト以上浴びた場合、通常3日で「ネトウヨ」となると言われている。半減期70年で、一生ネトウヨとして過ごすことになるので、若年層には特に危険な核種である。

< #面白大辞林 >■ほうしゃせい‐ぶっしつ【放射性物質】 放射線を出す物質。放射能をもつ原子(放射性核種)を含む物質を指す。一般に「直ちに人体に影響は無い」とされ、特にプルトニウムは「飲んでも安全」と言われている。半減期は2万五千年と長いが、その頃私はいないから「知ったこっちゃない」。

< #面白大辞林 >■ほうしゃのう【放射脳】放射能の危険性の理解、危険性を啓蒙することなどをつかさどる脳の働き。またそのような脳を兼ね備えたひと。「あいつは―・だ」「あいつの頭は―・だ」転じて、放射能に「過敏」になった人を指す場合もある。⇔安全厨

< #面白大辞林 >■ほうしゃせん-かんり-くいき【放射線管理区域】日本国の中で、最も放射能被曝の少ない安全な区域。

< #面白大辞林 >■ぼうは-てい【防波堤】1.海岸で、波を防ぐための構築物。2.沖縄県において、一般婦女子をアメリカ海兵隊の性犯罪から守るために活用される「風俗営業」に従事する女性たち。

< #面白大辞林 >■ほっぽう-りょうど【北方領土】日本が、東電の放射能汚染犯罪で失った領土の、たった五分の一に過ぎないちっぽけな島。ロシア経済の発展に伴い、永遠に我が国から遠ざかるとともに、下手をするとロシアから「放射能汚染」の損害賠償を求められそうな気配も漂う、不気味な存在。




































































































posted by たかし at 13:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【は行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。