2012年05月05日

【か】

< #面白大辞林 >■かいじゅう-ぶーすか【怪獣ブースカ】1966年〜1967年まで、毎週水曜日19時〜19時30分に日本テレビ系列で全47話が放送された円谷特技プロダクション・東宝製作の特撮テレビドラマの主人公。引退後、東電に入社し、現在は広報部長を務めている。

< #面白大辞林 >■かいじん-こいで-おとこ【怪人小出男】原子力発電を推進する、様々な企業の妨害をする「悪の手先」。普段は、大阪の片田舎、熊取の実験炉で、助教という情けない地位と、薄給に耐えて暮らしている。自宅から職場までは「自転車通勤」をしている、という報告もある。

< #面白大辞林 >■かいらくてい-ぶらっく【快楽亭ブラック】日米の「あいのこ」の落語家で「立川流」を破門になった。軒並みの寄席からも「出入り禁止」を食らっている。「放送禁止落語の会」などの「裏寄席」には欠かせない存在である。日本映画には一家言を持ち、評論も行なう。

< #面白大辞林 >■かくにん【確認】1.確かめること。2.東電用語では、約束をするふりをしてそのまま放っておくこと。なお、この場合しばしば「角煮」の文字が当てられる。

< #面白大辞林 >■かく-ねんりょう-さいくる-けいかく【核燃料サイクル計画】核燃料サイクルは「不可能」であることを「証明」するために、数十年に渡り、年間5900万円を費やしている国家プロジェクト。

< #面白大辞林 >■かく-ねんりょう-ぼう-とりだし【核燃料棒取り出し】 使用済み核燃料プールから燃料を取り出す作業。失敗すれば作業員は「即死」近隣住民は大量被曝を受ける。にも拘らず「テロ対策」という理由から「内緒」で行われる。取り出し作業中の大地震が、今後、最大の危惧である。

< #面白大辞林 >■かそう-てきこく【仮装敵国】「ゆるキャラ」の着ぐるみを着た敵国。

< #面白大辞林 >■かた-す【片す】[動サ五(四)]「片付ける」の省略形。他の場所へ移す。散らかっている物を整理する。「荷物を―・す」「机の上を―・す」

< #面白大辞林 >■かちく-の-いきおい【家畜の勢い】蒙古軍が、羊の大群を先頭に進軍するさま。のちに「破竹の勢い」と言い換えられるようになった。

< #面白大辞林 >■かつ-だんそう【活断層】主に原子力発電所の立地地帯の真下を走る、周期的に地震を起こす地層・岩盤の割れ目。浜岡、敦賀、美浜、柏崎など、主だった原発地帯の下にあり「今か遅し」と、その眠りから覚める日を待たれている運命の神。日本民族死滅の立役者と目される存在。

< #面白大辞林 >■かみ-の-みそしる【神の味噌汁】神だけが知っている、秘密の味噌汁。

< #面白大辞林 >■がれき【瓦礫】近年発見された「経済的資源」のひとつ。天然資源と異なる点は「遠隔地へ移動」することによってのみ、経済効果が生まれるということ。一般に経済効果は、移動する距離の二乗に比例していると言われ、特に放射性物質を多く含んだものが価値が高い。

< #面白大辞林 >■かわいそう-な-ひと【可哀想な人】 1.犬猫が嫌いな人 2.食べ物の好き嫌いがある人 3.お酒を飲めない人。

< #面白大辞林 >■かんこう‐ツアー【観光ツアー】 気に入らない一般党員や、敵対するブロガーの個人情報を探り、徒党を組んでストーカー行為、恫喝行為を行なうこと。「嶋―」

< #面白大辞林 >■かん-でん【関電】将来、極めて高い確率で、西日本を「壊滅」させることが予想される犯罪企業「関西電力」の通称。「オール電化」で電力消費を奨励するとともに「電力不足」「計画停電」で関西住民を脅迫することなどを、主たる業務とする企業である。

< #面白大辞林 >■かんとりー-みゅーじっく【カントリーミュージック】ジャズと並んで、アメリカが生んだ二大音楽と言われる。ジャズに比べ、音楽的には単純でメロディックで親しみ易い。移民がもたらした、アイルランド、ポーランド、ドイツアルプスなどの民謡が起源とされる。






































































































posted by たかし at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 【か行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【き】

< #面白大辞林 >■きくち-まこと【菊池誠】阪大の物理学教授。電力の「御用学者」になりたくて、一生懸命、広瀬隆氏などを始めとする「反原発派文化人」を誹謗中傷する文章を書いている。その努力にもかかわらず、一向に電力からお座敷がかからない、所謂「エア御用」学者である。

< #面白大辞林 >■きた-ちょうせん【北朝鮮】世界中の国々に「この国よりはマシだ」と優越感を抱かせるために、神が創りたもうた国のうちの一つ。問題は、実際はこの国とたいして変わらない酷い国が、勘違いでこの国を「見下す」ことがあること。その「代表格」は、すぐ隣に位置する「ある国」である。

< #面白大辞林 >■きづな【絆】1.放射性物質を全国に均等にばら撒くこと。2.放射能汚染を起こした電力会社の経営者の罪を不問に付すこと。3.放射能汚染地域の農産物を積極的に消費すること。またそれを強制すること。

< #面白大辞林 >■きも-い【キモい】[形]「気持ち悪い」の省略転化形。不快な気分を催す様を表す。「やだーあのおじさん、なんだか―・い」

< #面白大辞林 >■ぎゅうたん-せんじゅつ【牛たん戦術】国会で、与党による「強行採決」に対抗するために編み出された手段で、壇上に七輪(と練炭)を持込んで牛たんを焼き、反対者が集まって、なるべくゆっくりと食べるというもの。 →強行採決

< #面白大辞林 >■きょうこう-さいけつ【強行採決】良い法律を通すときには使われない採決方法。対抗手段として「牛歩戦術」また、最近では壇上に七輪を持ち込んで焼く「牛たん戦術」が編み出された。

< #面白大辞林 >■きょうせい-れんこう【強制連行】特定日本人、あるいは在宅特権者たちの主張する「日本三大無かったもの」のひとつ。朝鮮半島出身者が、日本で一旗揚げるために「自由意志」で働いたものであり、強制ではなかった、という説。→特定日本人

< #面白大辞林 >■きょうりょく-がいしゃ【協力会社】東京電力の下請け・孫請け企業等の総称。東電正社員の人身御供として、危険な作業を「任せ」られる。社員が次々と累積被曝線量の限界を超えるため、経営者自らが、現場に赴く、という企業も少なくない。

< #面白大辞林 >■きんぴー-もんだい【キンピー問題】現在「ネトウヨ」として活動中のキンピーが、共産党員時代に起こしたとされる造反事件に対する、2ch等における呼称。彼は、党を除名されたのち、インターネットで日本共産党への「誹謗中傷」に明け暮れている。→嶋ともうみ脅迫事件


















































































































posted by たかし at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【か行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【く】

< #面白大辞林 >■ぐりーん-ぴーす【グリーン・ピース】シー・シェパードと同一視され、日本人に嫌われてきた自然保護NPOであるが、東日本大震災以降、海洋放射能汚染に関して唯一の正確なデータの提供者として見直されつつある。東電や日本政府にとっては最も煙たい存在。


































































































posted by たかし at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 【か行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【け】

< #面白大辞林 >■げ【気】形容詞もしくは、その連体形に付けられる接尾語。「かわいげ」「無さげ」「良さげ」など。群馬県地方のみ動詞にも用いられる。「〜やってるげ」

< #面白大辞林 >■けいかく-ていでん【計画停電】冷蔵庫の食料が腐る、あるいは酸素吸入・人工透析を受けている患者に生命の危機を与える、などのリスクを顧みず電力会社が電気の供給を止める、または止めると言って消費者を「脅迫」する行為。現在ある火力発電所を、わざと止めて行なわれる。

< #面白大辞林 >■げんしりょく-あんぜん-ほあんいん【原子力安全保安院】東京電力の関連会社の一つ。東電からの接待を受けることと「原子力の安全を保証する」ことを主たる業務とする組織。ある小学生から「全員アホ」と言われて以来、世間の評価は、ほぼそのように固定した。

< #面白大辞林 >■げんしりょく-きせい-いいん-かい【原子力規制委員会】原子力を「規制」するつもりなど、さらさら無い人間を集めて、作った委員会。別名【原子力寄生委員会】。

< #面白大辞林 >■げんしりょく-せんすいかん【原子力潜水艦】「内燃機関」から「蒸気機関」に「先祖帰り」をした潜水艦のこと。


















































































































posted by たかし at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 【か行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【こ】

< #面白大辞林 >■こういき-しょり【広域処理】より多くの税金を投入するために考案された処理方法。⇔地元処理、現地処理

< #面白大辞林 >■こう-じ-えん【広辞苑】岩波書店の国語辞典。「コージ苑」などのパロディも生んだ老舗の国語辞典であるが、無料でインターネットに公開するのを躊躇しているうちに「大辞林」に溝を空けられてしまった観がある。アフィリエイトの収入で幾らでも元が取れるのに、バカだよね。

< #面白大辞林 >■こう-ちょう-かい【公聴会】「ガス抜き」「免罪符」目的に行なわれる「茶番劇」で、通常、法案決裁の前日に「招集」され、警官隊に囲まれて行なわれることが多い。

< #面白大辞林 >■ございます【御座います】[動サ特活]東電用語。1.「ある(いる)」の侮蔑語・慇懃無礼語。2.[補助動詞]「ある(いる)」の侮蔑語・慇懃無礼語。「〇〇して・―」「ただいま角煮中で・―」主に、東電社員が、人に「殺意」を催させたいときに用いる(と思われる)。

< #面白大辞林 >■ことぶき-ごるふ【コトブキゴルフ】アメ横にあるゴルフ用品店。看板を見た通行人から「ゴキブリゴルフ」と「空目」する・・・などの苦情が絶えないが、断固として社名を変えないポリシーある会社である。

























































































































posted by たかし at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 【か行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。