2012年05月05日

【た】

< #面白大辞林 >■たい‐した【大した】[連体]程度がはなはだしいさまをいう語。非常な。たいへんな。度はずれた。「―ものだ」「―数にのぼる」。東北・北海道地方のみ副詞としても使用する「―たまげた」「―美味い」

< #面白大辞林 >■だい-じ-りん【大辞林】三省堂の国語辞典。「広辞苑」と肩を並べる国語辞典である。いち早く、インターネットに無償公開したため、瞬く間にユーザーが増えて、今や完全に「広辞苑」を打ち負かしてしまった。どだいDVDの容量とサーバーの容量では勝負あったと言えるよね。

< #面白大辞林 >■たけだ‐くにひこ【武田邦彦】中部大学教授。工学者。3.11以降反原発に「転身」するも、本人はそれ以前から反原発であったようなことを、随所で言ったり書いたりする恥知らず。「日本のエネルギーは原発しか無い」などの「電事連提供のラジオ番組」での録音が残っている。

< #面白大辞林 >■たはら‐そういちろう【田原総一朗】「腰折り田原」の異名を取る、日本のロートルジャーナリスト。政治座談会などでは、必ず共産党議員の発言を途中で「遮る」ことが知られている。官房機密費を受け取った上で、原発推進発言をするなど、義理堅いことでも知られる。

< #面白大辞林 >■たんせき-りょうり【胆石料理】1.胆石になる原因を作る料理。脂っこい料理。2.胆石を患った人が食べる料理。脂肪を抑えた料理。

< #面白大辞林 >■だんそう-かったー【断層カッター】原子力発電所建設前の地層調査において、活断層の長さを実際よりも短かくなるよう細工して報告、耐震建設コストを下げるため、電力会社に雇われた学者のこと。東京工業大学衣笠善博などが有名。柏崎刈羽で、見事に成果をあげた。→活断層


































































































posted by たかし at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 【た行】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。